浜松市中区田町ゆりの木通りにあるKAGIYAHOUSEです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
カギヤハウス:最終日搬出!幻の展示!おわりははじまり!
8月31日は搬出!

本当の本当に最後の日

1年4ヶ月分の物品と作品の搬出

右にちらりと見えている方はカギヤハウスおなじみの小原さん
私の中のカギヤハウスは小原さんが70%くらい占めています。いろいろありましたなー

いろいろ・・・・

最終日は自分の作品の搬出と 取れなくなって困っていた扇風機のコンセントを抜いてくれたのです!すごい感謝!!!

本当にありがとうございました!

最後の最後まで小原さんは小原さんで、スタッフの植野聡子さんに言ったら「マイペースだよね」と言われ、妙に納得して心が落ち着きました。


さて、こちら
作品搬出の青島右京さん

壁に貼っていたテープを一枚一枚丁寧に剥がしては透明なビニール袋に貼っていました。

そんなに丁寧にどうするんだろうと思っていたら、


いつの間にやら素敵なものに!

新たな作品誕生か!!!


彼は「貼る彫刻」という言葉をテープの作品に対して使っていましたが、搬出中に出来上がったビニールの作品は『貼る彫刻』という言葉と作品の距離感が私の中で縮まったような気がします。

(ビニールに貼ってあるので、フワッとした空気感や柔らかさを感じて、彫刻という言葉の持つイメージに近づいたからなのかもしれません)


青島さんの今後の活動に期待が高まります。

これを展示と言っていいのか、本人に了承を得ないと分かりませんが、これがカギヤハウスの本当に最後の展示になりました。


この机や棚たち もったいなかったので後日取り外してきました。
でも机が結局取れなかったのが残念。。。

最後はこんなにすっきりしちゃって。。

カギヤへ来たことがある人は知っているかと思いますが、いい部屋でしたよ。



2011年4月1日から始まって、2012年8月31日の間に本当にたくさんの方が利用してくれたり、遊びに来てくれたり心配してくれたり。。。といろいろありました。

あまり体験できないようなことをやらせてもらえたことに感謝しつつ、次に進んでいかなきゃなと 思います。

それがどんなカタチになるのか 先のことは見えないけど、カギヤハウスを経験したように、少しずつ進んでいけたらいいなと。

焦ることも、焦らないこともどちらも必要で バランスをとりながらやっていきたいな と思います。

「やれば出来るし、やらないと出来ない」(最近分かったこと)


この場所もどんどん変わっていきます。
次期に新聞や雑誌、メディア等を通して紹介されて知名度はグンと上がりそうで、人も増えたり、立入りが頻繁になるのかもしれないし、閉じていくかもしれません。


変わることはごく自然なことで、

その変化をどう受け取るか、





取りあえずカギヤハウスは終わります。

8月最後の『おわりははじまり展』のタイトルのように
「おわり」と「はじまり」の言葉は大抵の場合、並行していたり裏表だったりすると思います。


なので次です。


カギヤを使ってくれた人、知ってくれた人、スタッフの全ての人たちがどんなふうに次に向かっていくのか健闘を祈っています!



長くなりましたが
みなさま1年4ヶ月ありがとうごいざいました。



カギヤハウス/友野可奈子


- comments(6) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








なんかもう、泣けるわー。お疲れ様。
カギヤハウスもかなこちゃんも大好きだよー。

また楽しいことあるときは教えてね。
from. まおこ | 2012/09/05 23:49 |
友野さん、植野さん、お疲れ様でした。
from. 小原伸文。 | 2012/09/06 00:09 |
カギヤハウスに行くとあなたがいました。
それは僕の安心で、街の安心です。

あの場所はなくなるけど
そんなに寂しくないのは
その安心が残るから

でも、写真を見る泣けますね。
それだけ、この場所とあなたとの相性が素敵
だったんだろうな。
from. mori | 2012/09/06 00:38 |
カギヤに出会えてほんとよかった!
カギヤで過ごした時間のすべてが楽しかったしわくわくしたし居心地がよかった(´-`)
かなこちゃんとカギヤと関わってた全ての人達に感謝!
from. 彦坂 | 2012/09/06 00:49 |
ステキな時間と、ほっこりそれでいて刺激の絶えない空間をありがとう***
from. nojon | 2012/09/06 01:01 |
まおこさん>> わーーありがとうございます。誤字脱字が多すぎて、ちょっとずつ直したり、文章変えたりして読みにくいのに、ありがとうございます。 これからもよろしくおねがいします。取りあえず来月から楽しみですね

小原さん>>ありがとうございます。

moriさん>>安心かー・・・私もいつの間にか居心地のいい場所になっていました。自分のいる場所、いてもいい場所があったこと自体贅沢ですね。

いろいろありがとうございました。

彦坂さん>>居心地のよさってなんでしょうねー。私だけでなくて、関わってくれた全ての人が、最初に「いろいろな人がなんちゃら」という感覚を各々持っていて、自然それを出している人たちが多かったから からなのかなー とふと思いました。

nojonさん>>わたしこそ大感謝です; ;


from. とものかなこ | 2012/09/07 18:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kagiyahouse.jugem.jp/trackback/79
<< NEW | TOP | OLD>>