浜松市中区田町ゆりの木通りにあるKAGIYAHOUSEです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
カギヤハウス:エンディングパーティのこと
8月31日をもってカギヤハウス終了いたしました。

2011年4月1日から2012年8月31日のという短い間でしたが、たくさんの人に使われ、知ってもらうことができた場所でした。

8月30日にエンディングパーティをして今までの展示やイベントのスライドショーや来て暮れた人にエンディングメッセージを描いてもらってそれにイラストを描いたり、鍵屋の物品をもらってもらったり 最後までゴチャゴチャを崩さない姿勢は貫きました!


カギヤスタッフさとちゃんは多忙な人です。
そんな 忙しい時間をやりくりしてこの日のために食べ物を用意してくれました。

カギヤ色のゼリー(緑と青)
ちらし寿司ボール(鰻入り)
カギクッキー
クラッカー

など どれも美味しかったです。

サトちゃんは去年からじわじわとカギヤのスタッフとして一緒にやってくれたのですが、
本当にさとちゃんがいてくれたから心強かったというか、1人ではグダグダになってしまうところをキチキチッと押さえてくれて こうやるのかー 的な部分がすごく勉強になりました。(私がそれを身につけたかは愚問です・・・)


私 友野はイラストを(途中放棄するまで)描いてました。

この日来てくれた人たち、今までカギヤハウスを利用してくれた方達にエンディングメッセージを書いてもらい私がひとつひとつ勝手にイラストを描いていきました。

さとちゃん案で、1000本ノックだそうです。
(さとちゃんはアメと鞭を使い分けるのが得意です。)

もらったメッセージは 「おわりははじまり展」にちなんだものだったり、カギヤでの思い出みたいなものだったり、他にもいろいろあって、みなさん言葉を知っているなぁ と思いました。

この日の私の任務である「イラストを描くこと」だったのですが、話をするのが楽しくて、イラスト描けませんでした。

書いてくれたすべてのエンディングメッセー時にイラストを書いて、ZINEにまとめようと思います。(宣言!)

右の方は先日の陶器の展示「Hitohira presents KO KATO THREE DAYS OF (THE END OF) THE SUMMER」の時にドリンクを担当していたコーヒー野郎さん。先日のことがきっかけで、エンディングパーティでもコーヒーを出してくれることになりました。
コーヒーはもちろんのこと手づくりクッキーもとても美味しくて
コーヒー野郎さんのお店ができるのが今からとても楽しみです。




人が本当に来てくれるのか始まるまで(始まってからも)分からない状態でしたが、想像以上にたくさんの人が寄ってくれて話をしてくれて、とてもうれしかったです。

この日のエンディングパーティは片付けを含めて1時くらいまで続いたのですが、次の日は平日なのに本当にどうもありがとうございました。

本当の最終日のことはまた次のブログで。

- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kagiyahouse.jugem.jp/trackback/78
<< NEW | TOP | OLD>>